2017.06.16 初めてのラボ
もう先月のことになりますが、義姉と姪っ子が、PA州から二人で我が家を訪ねてきてくれました。ということでみんなで夫の職場見学〜。

はなちゃんはここへ来るのは初めてです。なぜなら、ラボに入るのに、エアシャワーを通らなくてはならなくて、それがなかなかうるさい。はなちゃん、うるさい音とか大嫌いだったので、まだ無理よな〜、と思っていました。

この窓の反対側へ行くよ〜
Roberto_May19_2017

防塵服を着ます。
Roberto_May19_2017

子供サイズがないので巻き巻きにしてサイズを合わせる。
Roberto_May19_2017

エアシャワー室
Roberto_May19_2017

「平気だったぜぃ」という得意げな顔(苦笑
Roberto_May19_2017

初めて入りました〜!
Roberto_May19_2017

やっぱり得意げな顔
Roberto_May19_2017

クリーンルーム見学、楽しかったね〜

さ、今日は金曜日一日頑張って、素敵な週末をお過ごしください
暑い暑いテキサスの夏

そうです。プールシーズン開始
pool

Roberto_May13_2017

超ごきげんの二人
Roberto_May13_2017

なんて、もうこれ、1ヶ月も前の写真です。週末は毎日プール通い。でもテキサス、暑すぎるから、真昼間はむしろプールは空いていて、混むのは夕方。我が家もいつも夕方5時ぐらい、プールにいい感じに日陰ができるようになってから行きます。

今年こそは水泳教室に通わせるかね〜?(と言い続けてかれこれ数年
2017.06.14 夏の遠足開始
夏休みに入りましたということで、デイケアでは変わらず同じクラスのままのはなちゃんですが、夏休みプログラム開始しました。夏の間は映画を見たり、スプラッシュパットで遊ぶ日があったり、遠足が2週間に1度と回数が増えたりと楽しい日々です。

ということで、第一弾は水族館でした

到着〜
Roberto_June7_2017

仲良しBちゃんと
Roberto_June7_2017

クラスのみんなと
Roberto_June7_2017

お魚さんたちに夢中〜
Roberto_June7_2017

Stingrayに触れるコーナー
Roberto_June7_2017

はなちゃんも挑戦〜!
Roberto_June7_2017

先生が餌を買ってくれました
Roberto_Jan7_2017

パクっと喰われているところ
Roberto_Jan7_2017

その後小さな教室にてお勉強タイムもありました。
Roberto_Jan7_2017

Roberto_Jan7_2017

はなちゃんは、約束通りママが一緒に来てくれたのでごっきげん
Roberto_Jan7_2017

Bちゃんと
Roberto_Jan7_2017

その後チューチュートレインにも乗りました
Roberto_Jan7_2017

ランチタイム〜
Roberto_Jan7_2017

過去数回、遠足の付き添いに行けなかったので、ようやく一緒に行けた遠足!約束を果たせてホッと一安心の私でした。楽しかったね〜
夏休みですね〜

ということで、ピート、1年生を無事終了しました。1年生終了時の成績表によると、ピートの本読みレベルはすでにBASでO(BASについては以前の記事を参照)。これはうちの学区の教育プランだと3年生中頃の目標のレベルなので、余裕な感じその他はこんな感じで数値で見れるような成績表でもないので載せないですが、全般的にしっかり頑張ってるな、というような感じです。

うちは、学校最後の日が6/1だったので、気づけば夏休み入って1週間以上。アメリカの夏休みはとにかく長い。82日間の夏休み。両親共に働く家庭は、その間子供を預ける場所を探す事に毎年苦労します今年の夏は、近くの空手教室主催のサマーキャンプにまるっと入れる予定で通い始めました。

今のところ(まだ2週目ですが)、仲良しのお友達もいて、とっても楽しそうに通ってくれています。なにかと教室の外にお出かけする機会も多く、楽しそう。映画館に週一で通っているし、図書館行ったり、ゲームができるような場所、トランポリンの場所などへ行ったり。空手は月〜木と週4日間、毎日30分やっていて、そちらも楽しいみたいです。すごーく楽しいらしく、「2年生になったら、アフタースクール、ここに通っていい?」って。その可能性も考え中です。

母の日に作ってくれたレゴ
Roberto_May13_2017
マラソン大会の日の午後は、はなちゃんのダンスリサイタルでした

汗だくのマラソン大会(私だけかも!?)からの華麗なる変身
Roberto_Jan4_2017

舞台裏への入り口ではなちゃんをドロップし、残る3人は会場入り。

ピート
Roberto_Jan4_2017

はなちゃんの出番は前半の3番目なので、あっという間でした。オープニングダンスが終わって、pre danceの子達が踊り、その次がはなちゃんたち(4~5歳児)の番でした。会場はカメラやビデオ撮影禁止なので、残念ながら本番の様子はなし。

よく頑張りました〜
Roberto_Jan4_2017

応援団長のピートと共に
Roberto_Jan4_2017

はなちゃん、ダンスクラスは楽しいみたいなので、来年も引き続きダンス教室に通う事になりそうです。

2017.06.08 5K&1K
先週末、地元のマラソン大会。

ワタクシ、5Kに参加しました。数ヶ月前に血迷ってポチっと登録し、まぁ2ヶ月前ぐらいからトレーニングするかね〜?と思いつつも、結局そんなに走る事なく、最後の2週間、陪審員で忙しすぎて全く走る事なく迎えた当日

Roberto_June4_2017

数えるほどしかしなかった練習ではせいぜい3キロまでしか走っていなかったので、最後の2キロは未知の世界でした。いや〜、最後の2キロぐらいが本当にしんどくてしんどくて。もう歩こうか、と足を止めたところ、同じように走っているおじちゃんに、"You are almost there. You can do it!"と励まされ、頑張りました。さらにもう一度しんどくて足が止まると、今度は同年代の女性に"Just a half mile left! Let's go!"って。これで最後まで頑張って走る事ができました

フィニッシュライン写真
Roberto_June4_2017

そして9時からのKids 1Kに子供二人も参加。

Roberto_June4_2017

ピートは2度目の参加。2歳年上のお友達(彼は5Kに参加して、すでに走り終わっていました)が一緒に走ってくれました。

Roberto_June4_2017

Roberto_June4_2017

Roberto_June4_2017

はなちゃんは私が一緒に走りました。4歳児が1キロ走るって、なかなか大変!でも頑張ったよ〜。
Roberto_June4_2017

Roberto_June4_2017

Roberto_June4_2017

Roberto_June4_2017

私だけ、翌日、翌々日と筋肉痛に襲われたのはまぁ予想通りというか…でも楽しいレースでした。達成感たっぷりだし、立派な参加メダルももらえて大満足
2017.06.07 Jury Duty
いや〜、jury dutyのお知らせが来ました。たしか2年前ぐらいにも召集が来て、出頭したところ、3時頃までひたすら待たされた後、無事解放された覚えが。

という感じで、今回も、「あ〜、1日潰れるのやだなー。」ぐらいの気持ちで行ったところ、見事当選しまして、合計7日間陪審員としてアメリカの刑事裁判にどっぷり浸かってきました

陪審員室からの眺め
Roberto_May22_2017

法廷内で起こった事は口外することはできないので、詳しくはお伝えできませんが、刑事裁判というなかなか見る機会のないものを最初から最後まで見れたという点で、なかなか興味深い7日間でした。

Jury selection
陪審員として召集された数百人の中から、50~60人単位で呼ばれ、それぞれ、担当する法廷へ連れて行かれます。ここで、検事、被告弁護士がそれぞれ、様々な質問を投げかけてきます。選ばれたくない人たちは、事あるごとにいろんな理由を言って、なんとか逃れようとします。スケジュール的に無理とか、宗教上の理由で他人をguiltyとは絶対に言えないとかいろいろ。

一応法廷ですから、嘘はいけません。ということで、特に反論するポイントもなく、全く発言せずに座っていたんですが…夕方5時も近くなってきた頃、13人の陪審員が選ばれました。(12人+バックアップの人一人。)で、見事に私の番号も含まれておりました

Opening Statements
翌朝、いよいよ陪審員としての仕事開始。法廷の最初は、事件の概要がまず話されます。これがなかなかぐっと惹かれるナイスなスピーチ。ま、第一印象は大切ですからね。検事側が先、そして被告の弁護士が続きます。

Witness Testimony
次から次へと関係者がでてきます。最初に駆けつけた警察官、担当刑事、犯罪科学研究所の人たち(DNA鑑定をした人、発射残渣を検査する人、現場に残された銃のたま?から銃の種類を鑑定する人、司法解剖した人)、目撃者、家族、事件関係者?などなど。とにかく沢山。陪審員は、この法廷で見たり聞いたりした事のみから判断しないといけないので、時には高校の授業みたいな、DNAとは何か、どうやって検査するの?などから事細かく説明してくれます。なので、膨大な時間が掛かります。ここに6日間費やしました。"plead the fifth."なんていう黙秘権のセリフも初めて聞きました 最初は断片的だった事件に関わる証拠、証言が、少しずつ繋がっていきます。

Jury Instruction
すべての証言が終わった後、25ページにも渡る、この場合はこの刑で有罪、みたいなチャート式の、でも専門法廷用語がいっぱいの書類を一人ずつ配られました。裁判官が陪審員に対して何をどう判断すればいいのかを説明してくれます。キーワードは"Beyond reasonable doubt"。人を有罪とするからには、疑いがあってはいけません。

Closing Arguments
最後のまとめ、みたいな感じで、検事→弁護士→検事とそれぞれの主張をまとめていきます。これはひたすら陪審員へのメッセージなので、陪審員席の目の前で、陪審員へ向けて投げられる言葉たち。目の前で繰り広げられる強い主張。なかなか重い。。

Jury Deliberation and Verdict
その後陪審員室へ行き、12人でこのケースについて話し合います。ここまですでに6日半ほど費やしていますが、その間はこのケースについて陪審員同士で話し合う事は禁止されています。すべての証拠などが出揃ったこの瞬間、初めて事件について話し合い、guiltyかnot guiltyかの判決を決めます。その後、foremanと呼ばれる陪審員長が紙にサインをして、それを法廷で裁判官が判決として言い渡す。

いや〜、本気でぐったり疲れる日々でした。朝8時半までにダウンタウンの裁判所につかなければならないため、いつも7時に家を出ていました。8時には着く感じだったのですが、遅れるわけにはいかない重要な役割、念には念をと早く出ていたので、毎日夫、子供達が起きる前に家を出発。そして法廷は毎晩6時過ぎまで。家にたどり着くのは、子供のご飯も終わった7時過ぎ。帰るともう体も心もぐったりでした。このおかげで、ピートの野球、最後トーナメントの2試合、まるっと見過ごしたしね

ま、12人の陪審員、異文化交流みたいな感じで、普段は知りあわないようないろんな人と世間話をする時間がたっぷりあって、なかなか興味深い日々を送りました。アメリカの法廷がどんな感じで行われるのかの社会見学にもなったし、警察官、法廷関係者の仕事っぷりもとっても興味深いものでした。

職場に提出する、juryとして拘束させてもらいました〜という書類。
Roberto_May22_2017

jury dutyは国民の義務ですから、選ばれたら仕事を休んでお勤めしなければいけません。それを理由に解雇される事はありません。が、その間給料を払うかどうかは、雇用先次第です。私は大学勤めですので、自分の休暇を消化することなく、きっちり給料が支払われます

ただし、おかげで今は溜まりに溜まった仕事がえらい事になっております。メモリアルデーの3連休を挟んだので、実質1週間半以上仕事ができずじまいでした。気づけば6月だし
2017.06.06 母娘お揃い
娘がはまりにはまっているもの
Roberto_Apr_2017

今、はなちゃん、お揃いレギンスにハマっていまして、毎日私に、お揃いレギンスを強制してきます。拒否すると泣くので、私、選択肢なしま、年頃になるとママとお揃いなんて着てくれなくなるだろうから、今だけか、と思って素直にお揃いレギンスにハマってあげています

今のところ、7ペア、お揃いのレギンスがあるので、これをひたすらヘビーローテーションの日々(苦笑
2017.06.05 弾丸日本の旅
またまた時期をさかのぼりますが…4月のとある週末、3泊5日という弾丸で、一人で日本へ帰国してきました。大学院時代にお世話になった先生の退官パーティのためだったのですが、こんなことができるのも、2ヶ月間シングルダディをしっかりこなしてくれた立派な夫あっての事。感謝感謝。

という事で、食い倒れ日記。

14時間フライトを終え、成田から直行したのは、お友達宅近くのお寿司やさん。

日本の牡蠣はやっぱ美味しい〜
Japan_April2017

お寿司もむちゃくちゃ美味しすぎ〜
Japan_April2017

テキサス在住だったお友達との再会のヒトトキ。
Japan_April2017

見た事もないビールがいっぱい!(高校からの悪友との晩酌用)
Japan_April2017

帰国翌日は、東京駅丸ビルのmango treeにてタイ料理のバッフェ
Japan_April2017

さらにその翌日は池袋にて、カウンターで食べる天婦羅〜
Japan_April2017

Japan_April2017

大学院時代に足繁く通った都内の四川料理やさんにも行けました。
Japan_April2017

10年ぶりに見た桜
Roberto_Apri2017

私が帰っていた週末、ずっとお天気が悪くて残念だったのですが、外堀の桜とか見れたし、かなり満足。

ピートのためにポケモンセンターへも行きましたよ
Japan_April2017

成田空港、出国ゲート後に行けるお寿司やさん、寿司京辰さん。
Roberto_Apri2017


Roberto_Apri2017

いや〜、一人旅快適〜メガネも作れたし、文庫本もいろいろ買ってきたし、短時間だったけどギュっと凝縮した時間を過ごす事ができました。一人旅、癖になりそう(苦笑

買ってきたものたち
日本の電動鉛筆削り
ハローキティパジャマ
ハローキティビーチタオルとビーチバッグ
ハローキティ靴下
ポケモングッズたくさん
蕎麦(子供と旦那の大好物)
こんにゃくゼリー(子供の大好物)
白だし(アメリカでも買えるけどね〜)
和菓子
日本のコンビニ菓子
メガネ
文庫本
和風の髪飾り

こんなものかな〜?食べたかったけど食べ損ねたものは、うなぎ。これは残念だったな〜。。次回こそは!
2017.06.04 1年生の遠足
去年のピートの遠足(動物園)は行きそびれたので、今年は行ってきました!クラスママということで、スクールバスに一緒に乗って行くことができました。

ピートのクラスの仲良し3人組
Roberto_Apr29_2017

この3人はキンダーでも同じクラスだった仲良し3人。ピーターは来年もこの子達と同じクラスなれたらいいなぁ〜、と願っているみたい。ま、違うクラスになってしまったとしても、みんなGTクラスの子供達なので、1週間に1度は同じ授業が受けれます。

行き着いた先はこちら〜。
Roberto_Apr29_2017

自然科学館。同じように遠足で来た子供達がわんさといました

今日の最初のお目当はこちら↓
Roberto_Apr29_2017

そう、バタフライ館。ここはピートはデイケア時代に遠足で何度か来たよね〜。

次はIMAXシアターへ。
Roberto_Apr29_2017

Wild Africaという映画を見ました。

そしてランチタイム
Roberto_Apr29_2017

1日たっぷりピートのクラスの子供達と過ごし、楽しい時間を過ごすことができました。小学校に行ってからは、デイケア時代のようにちょくちょくクラスに様子を見にいく、という機会が断然少なくなったので、ピートの日々の生活を垣間見る貴重な機会。のびのびと楽しそうにやっていて、親としては安心できました。