上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
明日で生後2週間、ということで、今日は朝から小児科医の検診に行ってきました。

体重は6lb15ozと、出産時の体重を越して順調に増加中。最近ちょっとお腹やほっぺたがぷくぷくとしてきていると思っていたので、予想通り。その他発達の指標になるような質問をいろいろされる。

・頭をもちあげようとするか。
・笑顔をみせるか。
・近くのものを目で追うことがあるか。
・大きな音に反応するか。

その後まだ取れていないへその緒のチェック。ドクターがへその緒まわりに"silver nitrate(硝酸銀)"を付ける。これはへその緒の乾燥を助け、へその緒が取れるのを促進するらしいです。あと1週間しても取れないようなら再びドクターを訪問してチェックしてもらいます。

あとはPKU(フェニルケトン尿症)スクリーニングのための2度目の血液検査が必要との事(1度目は入院中に病院で済ませています)。検査は出産をした病院で行う為、移動が必要。この日は雨が降っていたので、来週あたりに行く事にしました。こちらはきっかり2週間でなければいけないわけではないので、来週でも全く問題なしとの事です。

あとは、母乳の場合ビタミンA,C,Dが不足しがちなので、新生児用のビタミン剤をあげてくださいとの事。こちらは薬局で購入可なので、早速近くのスーパーの薬局に注文、明日には届くそうなので、明日から開始予定。

ちょうど最後の授乳から2時間ほどでクリニックへ向かったので、お腹が減っているのと、いろいろ体をさわられたりして息子は大泣き。それでも、帰りの車内では、泣きながらも気づけば眠りにおちていました。

にほんブログ村 マタニティーブログ 海外出産へ
↑遊びに来て頂いてありがとうございます。ランキングに反映されますので、応援クリックをしていただけるととても嬉しいです。
スポンサーサイト
2009.12.29 生後12日
昨日、我が子に初めてのお手紙が届きました。

タラーン!
letter

ということで、生後11日にしてSSNが届きました。思ったよりも早かった!

そして首を長くしてまっていた、Pottery Barn Kidsのクリブシーツセットもようやく届く。これでクリブにバンパーやシーツがセットされました。バンパーをセットすると、殺風景だったクリブ、急に雰囲気がかわりました。

crib

そして我が息子は相変わらず元気いっぱい。2~3時間おきの授乳、オムツ替えを続けています。最初は怖かった着替えも随分慣れました。最初の10日はずっと日本製の前開きタイプの服を着せていましたが、頭からかぶるタイプの服にスイッチ。慣れるとこちらもけっこういいもんですね。

今はまだフォーミュラと授乳両方与えています。フォーミュラのいい点は、飲んだ量を把握できること。そして、飲む量も確実に増えて来ました。だいたい1回で2ozは軽く飲み干すようになりました。母乳も、今日はシャワーを浴びているとぽたぽたと溢れ出るぐらいになってきたし、乳首の痛みもなし。明日の2週間検診で体重が増えているようなら、そろそろ100%母乳に切り替えてもいいかな~、と思ったり。

元気いっぱい育っています♪
pete

にほんブログ村 マタニティーブログ 海外出産へ
↑遊びに来て頂いてありがとうございます。ランキングに反映されますので、応援クリックをしていただけるととても嬉しいです。
今日は産後の体重変化について。

出産前、妊娠前から16lbほど増えた体重、出産で確実に子供の分6.5lbと胎盤の重さ分は減っているだろうと退院した日に体重計に乗ると、なんと変化なし!!!

ということでかなーりショックを受けたスタートでしたが、おそらくこの時は産後のむくみが最大という感じだったので、その水分という感じだったのだと思います。それ以降、数日はむくみもとれず体重も変化せずでしたが、産後5日後ぐらいから毎日のように数パウンドずつ体重が減り続け、産後10日ほど経った今、すでに妊娠前プラス2.5 lbまであっという間に減りました。

母乳を与えているためか、ものすごくお腹が減るし、完食もしまくっているのにこの順調な減り具合にびっくり!母乳育児万歳!とはいえ、まだおなかはややぶよっとした感じですけどね(苦笑

にほんブログ村 マタニティーブログ 海外出産へ
↑遊びに来て頂いてありがとうございます。ランキングに反映されますので、応援クリックをしていただけるととても嬉しいです。
�F�t���A�X�^���X�N-5sReg��IrisBlue�i��-�����w�i�p�j ��SbWebs��出産後

午後3時9分に産声をあげた我が子。すぐにお腹の上へ連れてこられカンガルーケア。夫がへその緒を切断し、母子が離ればなれになりました。

その後同じ部屋にある新生児ケアの場所へ連れていかれ、夫はそちらへ移動。そこで体を拭いてもらったり、足形を取ったり体重身長測定など。体重6lb7oz、身長20inchesでした。

生後数分。体重測定中も元気な泣き声を上げ続けていました。
weight

その頃私は胎盤を排出するためのもう一度プッシュ。といってもこちらは痛みもなにもなく、一瞬の事でした。その後会陰切開の処置などをしてもらう。塗っている時にちょっとだけ引っ張られる感覚がしたぐらいで、痛みなどは全くなし。縫った糸は溶けるタイプなので、抜糸の必要はなしとの事。

そして帽子とレシービングブランケットに巻かれた我が子が私のもとへ。ここで初めての授乳。その後1時間ほど夫と家族3人での時間を過ごし、我が子はナーサリーへと連れていかれます。私はその後発熱し、抗生剤を投与されました。また、点滴も翌日昼近くまでずっと付けられたままとなりました。熱は明け方にはすっかり下がり、大事にはならず。

個人特定、赤ちゃん特定用、などなど様々なリストバンドを付けられました。
bands

ナーサリーへ預けられていたのは3時間ほどでしょうか。その間に食事がやってきてようやくここで昨日の夜以来の食事。夫は一時帰宅をして猫達に餌、さらに食事を済ませて来てもらいました。その後出産後初めてベッドから降りトイレへ。縫った後などが気になってむちゃくちゃ怖い!けれど、まぁ思っていたよりは痛みはましだったかな。プラスチックボトルにお湯を入れ、それを使って縫ったあとを洗浄し、初のトイレ体験は終了。

そして分娩後退院まで過ごす部屋へと車椅子で移動。こちらは出産をした部屋よりはこじんまりとした部屋ながら、夫が仮眠するソファーベッドもちゃんとあります。

分娩後に移って来た部屋
room

その夜は、授乳の時間に息子をナーサリーから連れて来てもらい、授乳やオムツ替えなどをしてまたしばらくナーサリーに預かってもらう、という感じで夜を過ごす。ここで私も夫も、昨日からほとんど寝ていなかったので、短いならも睡眠を確保することができました。

その7へ続く

にほんブログ村 マタニティーブログ 海外出産へ
↑遊びに来て頂いてありがとうございます。ランキングに反映されますので、応援クリックをしていただけるととても嬉しいです。
�F�t���A�X�^���X�N-5sReg��PeachPink�i��-�����w�i�p�j ��SbWebs��プッシュ開始~出産までの40分

2時半頃にプッシュ開始。エピデュラルをしているとプッシュが困難などとネットで見た事がありましたが、そんな事は全然ありませんでした。ナースの指導のもと、プッシュ始める。最初はいきみ逃しをしていたのがようやくプッシュできるという事で、ようやく!という感じでしたが、そう簡単なものではなかった…

陣痛が来ると、深呼吸をまず1回しっかりして、次に息を吸い込んだらそこで息を止めてそこからプッシュ開始。これがなかなか最初は、いったいどこに力を入れていいのか分からず。だんだんと力の入れ方とかも分かって来てプッシュ頑張るも、早々簡単に産まれてくる訳ではないんですねぇ~。

だーいぶ長い間頑張って、ナースに「ふさふさの毛が見えてるよ~」と言われた時には感動して涙。でもそこからさらに長い道のりでした。間もなく担当のドクターも登場。結局、プッシュを初めて40分ほど、午後3時9分、最後の大きなプッシュと共に、我が子誕生。間もなく大きな産声をあげだしたのを聞いて、うれしくて涙がボロボロ。これで長い長い妊娠生活に終止符が打たれました。

その6へ続く

にほんブログ村 マタニティーブログ 海外出産へ
↑遊びに来て頂いてありがとうございます。ランキングに反映されますので、応援クリックをしていただけるととても嬉しいです。
�F�t���A�X�^���X�N-5sReg��IrisBlue�i��-�����w�i�p�j ��SbWebs��エピデュラル開始~プッシュ開始まで

朝7時半にエピを開始してとたんに楽チンに。夫とともにのんびりと部屋で過ごす。麻酔が効いて腰から下の感覚がほとんどなくなるものの、足を動かしたりもできるし、陣痛が来るという感覚はしっかりとわかる。ただし陣痛の痛みだけがない状態。この状態で定期的にナースが巡回にきてはバイタルのチェックをする、という時間が2時間ほど続く。もう、むちゃくちゃ楽チン。

朝9時半に担当の産婦人科のドクターが来て内診。その後人工的に破水を起こさせる。液体が流れ出す感覚があり。その後も何度か、陣痛にあわせて液体が流れ出る感覚がありました。ここあたりもまだまだ余裕。

朝11時半子宮口が7センチに。この頃からだんだん余裕がなくなってくる。寒いなぁと感じはじめて、気づけば悪寒。歯がガタガタと震える位になってきて、夫にナースを呼んでもらう。すぐにナースが温めた毛布を持って来て体を覆ってくれると、少しずつ悪寒もましになってくる。今度は陣痛の度に痛みでもないけれど、確実に体の中からすごいエネルギーが外に出たがっている感じがあって、陣痛のたびにうなるぐらいになってくる。

ここからはプッシュ開始までの時間、時刻をチェックするほどの余裕は全くなく、とにかくいきみ逃しをするのに必死でした。陣痛が来る度に、マタニティクラスで習った呼吸法を続ける。もう無理!っていうぐらいいきみたくなった頃でもまだ9センチ(時間不明)。これで陣痛の痛みがあったらどんな風なのか、考えるのも恐ろしいっ。

午後2時半頃に内診で子宮口最大を確認。ここからプッシュ開始となりました。

その5へ続く

にほんブログ村 マタニティーブログ 海外出産へ
↑遊びに来て頂いてありがとうございます。ランキングに反映されますので、応援クリックをしていただけるととても嬉しいです。
�F�t���A�X�^���X�N-5sReg��PeachPink�i��-�����w�i�p�j ��SbWebs��入院~エピデュラル開始まで

明け方4時頃産婦人科到着。その後数分待機。その後すぐにLDRの部屋へと通される。ここで陣痛、出産、そして出産後しばらくの時間を過ごします。部屋はマタニティクラスで見学に来ていたので思った通りの部屋。

部屋ですぐに病院のガウン(あの、背中が丸空きのやつ)に着替えベッドへなだれ込む。その後バイタルや子宮の開き具合をチェックされる。この時点で子宮口3センチ。この痛みでたった3センチ?と愕然ときました(苦笑

その後どんどんと強くなる陣痛の中、事務手続き関連の書類にサインやイニシャルの記入。これがもうかなーりうっとおしかった。こんなの入院予約の時点で済ませられないの?と…

臍帯血バンクのための採血などに続き、IV(点滴)を取り付けられる。出産まではこの点滴で水分を補給するため、氷を口に含む以外の飲食は禁止との事。さらにお腹に胎児の心音をモニターする機械を取り付けられる。その後はバースボールに座ってみたり椅子に座ってみたりするものの、とにかくどんどん痛みが強く長くなっていき、結局すぐにベッドに舞い戻る。この時点では、子宮口が開くのを待つだけ。エピデュラルはいつでも開始できるとの事でしたが、出産までの時間を聞いたら、この分だと夕方ぐらいかな?と言われたので、エピは使わずもう少し様子をみることに。

ナースが時折様子を見に来る。7時にシフトチェンジで別のナースがやって来る。最終的にはこのナースがいつからエピを使用するか、どこまで耐えれるか?エピを開始するとベッドから降りれなくなるしなぁ、などと考えていた私の背中を押してくれました。彼女曰く、ドクターがやってきて破水を起こさせると陣痛の痛みも進行もぐっと増すとの事。結局7時半の時点でとにかくすごい勢いでやってくる痛みに耐えれずエピデュラル開始してもらいました。この時点で子宮口は4センチちょいという所でした。

麻酔科医が来てくれ、すぐにエピデュラル開始。背中に針を刺す時の痛みがちょっとありましたが、それも一瞬の事。あっという間に麻酔が効きはじめ、死ぬほど痛かった陣痛がうそのように楽になりました~。

麻酔のおかげで余裕の表情で記念撮影
after_epi

その4へ続く

にほんブログ村 マタニティーブログ 海外出産へ
↑遊びに来て頂いてありがとうございます。ランキングに反映されますので、応援クリックをしていただけるととても嬉しいです。
�F�t���A�X�^���X�N-5sReg��IrisBlue�i��-�����w�i�p�j ��SbWebs��陣痛開始~入院まで

日付も変わって12月17日に。ドクターから、5分間隔の陣痛が1時間続いた連絡するように、という指示だったので、ひとまずリビングルームで待機。ロッキングチェアーに座ってひたすら陣痛間隔を記録。夫を起こした1時過ぎからすでに5分間隔の陣痛。それでもまだ全然耐えれる痛みなので、日本にいる母親に電話で陣痛開始を知らせる。

5分間隔の陣痛、最初はまだ30秒ぐらいの痛みだったのが、1時45分ぐらいから40秒ぐらい継続するようになる。だんだん痛みも強くなってくるのがわかる。いよいよ始まった!というワクワク感のほうがこの時点では強い。2時半頃には間隔が同じながらも陣痛継続が長いもので60秒に(40秒ぐらいの事が多い)。この時点でクリニックへ電話。1時間ぐらい60秒の陣痛が続いたら出産をする病院へ行くようにとの指示。

ここから夫パッキング開始。私も、持っていきたいものでまだパッキングしていないパソコンやら化粧品やらを夫に指示してパッキングしてもらう。そして、私はさっぱりするためにシャワーを浴びる事に。この時点でもうかなり陣痛の痛みが強くなって来ており、シャワーを浴び中にも2度ほど陣痛が。かなーり辛かった。

ちなみに、陣痛が始まったらおにぎりを作ろう!などと思っていた物の、そんな余裕はありませんでした。

家で陣痛記録をした最後が3時32分。ここから夫が車に荷物を詰め、小雨の降る中車に乗り込み3時40分頃に自宅を出発。車の中でも陣痛は押し寄せる。うううっ…とうなる私に夫は、車停めようか?と聞いてきたものの、そんなことより早く病院へ行く方が私には先決だったので、陣痛中もそのまま走らせてもらいました。病院到着までは10分もかからず。

時間外なのでERの入り口へと向かう。ERの入り口を通って産科のある場所までの移動がとにかくものすごく長く感じる。陣痛の度に立ち止まってはううっ…とひたすら痛みをこらえる。無事産科へついたのがなんだかんだで4時頃だったかな?

その3へ続く

にほんブログ村 マタニティーブログ 海外出産へ
↑遊びに来て頂いてありがとうございます。ランキングに反映されますので、応援クリックをしていただけるととても嬉しいです。
ぼちぼちと出産の日の出来事を書き出していこうと思います。

?F?t???A?X?^???X?N-5sReg??PeachPink?i??-?????w?i?p?j ??SbWebs??陣痛開始:12月16日(水)

この日は一日中、しょっちゅうお腹が張ってました。仕事しながらも時計とにらめっこ。10~15分間隔でお腹の張りがきます。この日はずっとそわそわと落ち着かない感じで仕事しながら日中を過ごしました。お昼前トイレに行った時に、おなじようにお腹の張りを感じ、そこで少量の出血。これはおしるし?

夕方帰宅後、夕食にカツ丼を作る。「勝つ」ってことでなんとなく縁起もよさそうだし、なにせ美味しいしね♪食事が終わりまったりとDVDを見てリラックス。その間もお腹の張りは10分間隔ぐらいで続く。映画の後半ぐらい(たぶん11時頃)から、お腹の張り、痛みがちょっと変わって来た感じ。これはもしかして腰から前面へと繋がる本物の陣痛?

なんとなく直感で、これはその時が近いぞ!という感じがしたので、11時半頃にはベッドへ行き、ひとまず体を休める事に。ところがやはり定期的っぽい腰から始まる痛みがあり眠れず。夫は眠りついていたので、12時半頃に1人で1階のリビングへ移動。ここから、陣痛記録開始。陣痛開始を確信。最初のメモが12時47分。この時点ですでに5~6分間隔で30秒ぐらいの陣痛。ここで確信を持ち、ブログの記事などをアップしてから(このあたりがまだ余裕たっぷり)、夫を起こす。「どうやら陣痛が始まったみたい」というとガバっと起きだしてきました(笑

その2へ続く

にほんブログ村 マタニティーブログ 海外出産へ
↑遊びに来て頂いてありがとうございます。ランキングに反映されますので、応援クリックをしていただけるととても嬉しいです。
Bassinet実際に息子との生活を開始してすぐ、いや、正確には入院中にはすでに決めていました。Arms Reach Co-Sleeper(Amazonへのリンク)(150ドル)の購入。とても小さな我が子をベビー部屋に寝かして自分たちは別の部屋で、という気になれず、即購入を決めました。

ということで、Co-Sleeper導入した感想は、とにかくすごく便利でいい!ベッドのすぐ隣に寝ていながら、自分たちのベッドとは別なので振動が伝わる事もないし、すぐ隣なので、寝ていても息子が起きだすとすぐに気づきます。また、深夜のオムツ替え、授乳にわざわざ別の部屋へ行く必要なくすべてが済むので、時間短縮にもなります。今は睡眠時間を確保するのも大変な日々なのでかなりポイント高し。

我が家には猫がいるので、専用のキャノピーも後日注文し、現在届くのを待ち中です。たとえ一ヶ月しか使わなかったとしても、その後1階に移動させてオムツ替えなどに利用できそうだし満足の買い物となりました。

にほんブログ村 マタニティーブログ 海外出産へ
↑遊びに来て頂いてありがとうございます。ランキングに反映されますので、応援クリックをしていただけるととても嬉しいです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。