10/17 出産後

体のチェックなどが終わり、オムツとニット帽をかぶらされて再び母の元へ戻ってきたムスメ。ここで初の母乳をあげる。

H_Oct17_2012

その後6時まで病室で家族3人で過ごす。ピートはお友達ママにピックしてもらったので安心。私はここで出産後初の食事。ローズマリーのきいたグリルしたチキン。お腹がむちゃくちゃ空いていたので、すごーく美味しい

午後6時。沐浴や小児科医のチェックなどのためにムスメ、ナーサリーへ。この時点で夫にも帰宅してもらいました。ピートのことも心配だしね。しばらくして出産後を過ごすPostpartum Unitに移動することに。車いすで産後を過ごす部屋へ移動。

ムスメは8時過ぎにナーサリーから戻ってきました。ここでオムツ替えと授乳をして、また9時半ぐらいからナーサリーに預かってもらうことにしました。ここでぐっと3時間睡眠を取る。昨日から寝ていなかったので一瞬で眠りにつく。

12時半頃戻ってきて、2時間ほど一緒にすごし、また仮眠のためナーサリーへ預かってもらいました。4時半にまた授乳のため戻ってくる。こんな細切れ睡眠だけど、それでも出産の興奮からか、睡眠不足はあまり苦になりませんでした。

Postpartum Unitでの出産後2日間の生活はこちらの記事(産後48時間の生活)に続きます。

コメントを頂いたみなさま、本当にありがとうございます!ゆっくりですが、コメント読ませていただいてお返事させていただくので、もうちょっとお待ちくださいね。

にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
にほんブログ村
↑今日も訪ねてきてくださってありがとうございます。Big brotherになったピートに、応援クリックを押してもらえるととっても嬉しいです☆
10/17 午後

エピがすごーくよく効いていて、全く痛みもプレッシャーも感じません。「お腹空いた。朝ご飯食べときゃよかった!」とか「喉乾いたな〜」「5時までに産まれるかな〜?」とかそんな事を思っていました。子宮口の開きもさほど進まず、点滴に陣痛促進剤 "pitocin"を少し加える。するとみるみる子宮口も開き、あっという間に陣痛間隔1〜2分ぐらいに。ドクターにも「あなたは促進剤の匂いをちょっと嗅ぐだけでよかったわね」なんて言われ、促進剤の点滴も止めました。



3時10分 子宮口10センチを確認。いつでもプッシュできるけど、もうちょっと待って、今隣で一人出産中でもうすぐだから。と言われる。この時点でも全く陣痛も感じず。

3時25分頃、ナースに「じゃ、ちょっとプッシュしてみようか」と言われ、夫とナースに足を支えられプッシュ。「おっ、頭が見えるよ。鏡で見たい?」と聞かれる。ピートの時は必死すぎて、ちょっと怖くて鏡を使わなかったのだけど、今回で最後の出産(予定)なのと、お友達が見て感動したよ〜、と言っていたのを聞いていたので、迷わずYes。

鏡が部屋になかったのでナースが内線で鏡をリクエスト。しばらく鏡待ちの時間(笑)

3時34分 鏡をみながらプッシュしたら、どこに力を入れたらいいのかが目に見えて分かるのですごくよかった。頭が見えてどんどん出てくる。こんな一瞬で出産にいたるとは思わなかったらしいナースがバタバタと電話でヘルプ要請。ドクターにも"stat!"(immediatelyという意味)と伝える。でもドクターが隣のビルからやってくるのを待てず、どんどん頭が出てくる。ナースが「これは私が取り上げるしかないわね」と頭を支え、あっというまにつるりと産まれてきたムスメでした。感動の瞬間



まだへその緒がつながった状態でカンガルーケア。ナースが体を拭いてくれているとドクターが息を切らせて部屋へ駆け込んできました(苦笑)ダディがへその緒をきって、ムスメは同じ部屋にあるナーサリーエリアへ連れて行かれ、体重身長の測定、体のチェックなどをされる。その間に私はちょっとだけ裂けた部分のステッチをドクターが処置。すこーしだけ裂けただけだったみたいで、すごくマイナーなもので済みました。

ダディ撮影
H_Oct17_2012

出産レポートその3へ続く。

にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
にほんブログ村
↑今日も訪ねてきてくださってありがとうございます。Big brotherになったピートに、応援クリックを押してもらえるととっても嬉しいです☆
10/17 午前



お友達に迎えにきてもらい、朝8時半ごろクリニックへ。陣痛が昨晩から続いていると伝えたところ、すぐにNurse practitionerが診察してくれました。最初に尿検査をしたところ、そこで少し出血あり。これをみて、「あ、これは本当の陣痛なんだ」と確信。子宮の収縮とベビーの心拍をモニターするNTテストをすると、7分おきの強い陣痛を確認。内診の結果は子宮口が3〜4cm開いているとの事。

ここでGoサインがでて、即、隣にある出産する総合病院へ入院決定。ナースに案内されて、渡り廊下を伝って無事総合病院へチェックインしたのが9時過ぎでした。



出産までを過ごすLDRの部屋へ通され、背中丸明きの病院服に着替える。ここで出産前に必要な書類待ち。ここで夫が病室へ到着。大量の書類にサインをして、ほっと安心したころには、「あ、これこそは本物の陣痛!」というぐらいに痛みがありました。でもまだピートの時と比べると、ずっと余裕あり。さらに、担当ナース、なんとピートを出産したときのナースでした。彼女にはすごーくお世話になったし、すごいうれしい偶然!

10時半。ドクター到着。子宮口5cm、陣痛7分間隔のこの時点で人工的に破水をしました。破水をさせるとぐぐっと陣痛の痛みが増すと聞いていたけれど、急激な変化はなし。ホッ。

上がベビーの心拍、下がお腹の張りのモニター。
Oct17_2012

11時半。待望のエピ(硬膜外麻酔)開始。エピの間は夫は退室しなければならず。30分以内には終わるので、それぐらいしたら戻ってくるようにとの指示。夫にはここでランチを食べに行ってもらいました。

注射をされる前むっちゃ怖い!2回目なのにねぇ…ピートの時はこの時点ですごい陣痛が痛かったので、怖がってる余裕なかったから。今回は陣痛がそんなにまだ痛くない分、この麻酔の注射がむっちゃ恐怖でした。でも、最初に背中に麻酔の注射をしてくれるので、まぁ耐えれる痛み。思っていたよりもずっと楽でした。

これで麻酔が効きはじめ、まったく陣痛すら感じないほど楽に。さすが科学の力!すごいね!!

ということで、余裕の記念撮影
Oct17_2012

出産レポートその3へ続く

にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
にほんブログ村
↑今日も訪ねてきてくださってありがとうございます。Big brotherになったピートに、応援クリックを押してもらえるととっても嬉しいです☆
さて、そろそろ今回の出産レポートを忘れないうちに残しておこうと思います。今回の出産、とにかく本陣痛の始まりがよくわかりませんでした。前夜の様子を記録に残しておいたので、クリニックへ行くまで編をまずは記事にアップ。

10/16-17 夜



夜10時半ごろから8分起きぐらいでお腹が張っていたのが、だんだんお腹の張り+生理痛の強い感じの痛みを感じるようになってきました。夜1時20分、やっぱり「いよいよ始まった?」と興奮してしまうのと、陣痛の間隔が気になってついつい時計ばかり気にしてしまって眠れないので、寝室から降りてきました。

あー、本物の陣痛のような気もするけど、まだまだ耐えれる痛み。第1子の経験では、陣痛は「お腹の張り→腰から前方へと広がる痛み」だったのだけど、今のところひどい生理痛が35秒〜40秒持続という感じ。ん〜。夫、起こしてみようか?と思ったり、でもやっぱりただの前駆陣痛かもしれないしなぁ〜と悩み中。陣痛の合間にベビーはまだまだ激しく動いています。



ただ今2時30分。やっぱり痛みが増してきた気もする。でもまだやっぱり確信にいたらず。痛みの持続はやっぱり35秒から40秒、10分間隔ぐらい。ベビーはしゃっくり始めたよ〜。



さほど痛みも強くならないし、眠くなってきたので3時に一度寝室へ行くも、やっぱり10分前後間隔での陣痛あり。やっぱ寝れないわ、と4時20分頃に夫を起こして1階へ。夫、コーヒーを飲んで眠気さまし。痛みは、確実に生理痛よりもひどいんだけど、まだ耐えれる程度。間隔はやっぱり7〜10分ぐらいで、持続時間も変わらず35〜45秒ぐらい。

悩んだ末、朝5時半にクリニックへ電話。待機だった別のドクターが、朝8時にはクリニックが開くので、そこにこればすぐに見てくれるとの事。もちろん、それまでにどんどん陣痛がひどくなるようなら、直接出産する総合病院へ行けばいいようです。ドクターと話した事でちょっと安心。そうそう急激に進む事もなさそうな気がしてきました。夫、ピートが起きださないようにベッドへ戻る。



なんとものんびりスタートな感じです。っていうかこのままこの陣痛が無くなって、やっぱりあれはただの前駆陣痛だったわ、なんてこともありかなぁ?なんていう気もしてきました。ひとまず、このままの感じの陣痛が続くようなら、デイケアが朝7時には開くので、早めに起こして、いつもより早くデイケアへ連れて行き、その後夫とともにクリニックへ行って診察してもらおうかな、と思っています。あー、もうすぐ朝の6時。とーっても眠いのっ。



ここまで記事を書いて、6時から7時半まで寝室で陣痛の合間にちょろりとうたた寝。こんな陣痛の始まりでした。本当に「これが本陣痛??」と悩みまくり、ネットでも検索しまくりで一晩結局寝れなかった。結局朝7時半にいつものようにピートを起こし、私は、いつでも待機しているから!と行ってくれていたお友達に連絡してクリニックへ送ってもらいました。夫はピートの面倒を見て、いつも通り9時にデイケアにピートを送り届けて、クリニックで合流、という事になりました。

出産レポートその2へ続く。

にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
にほんブログ村
↑今日も訪ねてきてくださってありがとうございます。Big brotherになったピートに、応援クリックを押してもらえるととっても嬉しいです☆
入院3日目。退院の日。

朝8時前に、はなの担当の小児科医が来てはなの様子をチェック。ピートの時と同じく、やはりちょっと黄疸 "Jaundice"気味かなぁという気が。顔がちょっと黄色がかっている感じ。血液検査結果は、血中ビリルビンが9.7mg/dlとの事。ピートの時は同じ時点で10.2だったので、似たレベル。

ということで、明日もこの病院へ血液検査をしにくる事に。その結果次第で今後治療をするか、もう一日待って検査を引き続きするか決めましょうとの事になりました。それ以外は全く問題なし。産後48時間を待つ事なく、すぐにでも帰れると退院許可を頂きました。

そしてそれに引き続き私担当の産婦人科ドクターも回診に。全く問題なく退院許可がでました。2週間は安静にして、ベビーより重たいものも持たない、運転もしないでとの指示。あとは子宮収縮のための痛み止めにMotrinを処方してもらいました。この産後の子宮収縮、2人目、3人目となるに伴い、痛みも増すとの事でした。子宮が何をすればいいのかちゃんと覚えてるそうで…普段は痛みを感じませんが、母乳をあげると子宮がシクシクと痛みます。

あとはひたすらペーパーワークが出来上がるのを待って、午後12時半頃にはすべて終了。病院の玄関まで車いす+膝にカーシートにのったベビー、という状態で送ってもらい、夫の車に乗り込んで無事退院しました

ただいま〜!そしてこれからはなちゃんを含めて家族4人+猫2匹の賑やかな生活の始まりです ピートはまだデイケアですが、帰ってきたら喜ぶだろな〜。

初の自宅ショット。スヤスヤ〜
H_Oct19_2012

にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
にほんブログ村
↑今日も訪ねてきてくださってありがとうございます。これからは私の成長も見守ってね♡ 応援クリックを押してもらえるととっても嬉しいです☆

コメントを頂いた皆さん、本当にありがとうございます。
沢山の応援、おめでとうメッセージ、本当に本当にうれしいです☆
ゆっくり返信させていただくので、ちょっとお待ちくださいね。