急に涼しくなって秋めいて来ると、「そろそろいつ産まれてもいいようにしとかなきゃ!」という思いが強くなってきました。そろそろ本格的に巣作り開始です。

ということで、新生児を迎え入れよう第一弾として、新生児には欠かせないオムツとワイプ、保湿クリームなどをdiapers.comとAmazonのsubscribeシステムで購入してみました。

Diapers.com
ここはとにかく配送が早いのと、カスタマーサービスがむちゃくちゃ対応いいのがいい。すぐに欲しいものなら、テキサスだと頼んだ2日後には到着。東海岸あたりだと、翌日到着もありです(週末を挟むとすこし時間が余分に掛かります)。カスタマーサービスも、メールを送って15分以内とかに返事が来ます。すばらしい!ピートのときはオムツから服、おもちゃ、何から何までここで購入していました。

Amazon定期購入システム
Amazonは届くまでに1週間とかそれ以上とか、すごく時間がかかるので、私はあまり使わない。でも、なにげにこの定期購入システムを利用すると、オムツはdiapers.comよりも安い事が多いです。私はピートのときにも使っていた"Pampers Swaddlers Sensitive Diapers"をひとまずこのシステムで購入しました。1週間ぐらいでまず最初の1箱が届き、また予定日頃に2箱目が届く予定なので、ひとまずオムツを確保、という意味ではいいかな。

ちなみに6.5lbで産まれたピートのときは、Newbornサイズのオムツを最初の1ヶ月半ほどで575枚使いました。ということは、最初の1ヶ月半で6箱(88枚入り)かー。1週間で1箱ペースみたいね。

週末あたりには大量にベビー服の洗濯を済ませておくかなー。あと緊急性の高いもので買わなきゃってものは今のところないし、カーシートを車に取り付けておくぐらいかな?

にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
にほんブログ村
↑今日も訪ねてきてくださってありがとうございます。お帰りの際に応援クリックを押してもらえると、ランキングに反映されます。更新の励みになりますので、どうぞよろしくお願いします☆
グランマグランパが、ピートのお誕生日に子供用のテーブルと椅子のセットを買ってくれるという。そういうのをもっていなかったので、そろそろ欲しいな、と思っていたところ、グットタイミングのオファー。

早速ネットで探しはじめましたが、とにかくいーっぱいあるのよね。いいなと思った、候補に残った物たちをちょっとリストアップ。ちなみに選んだものは木製のものオンリー。

まずはOne Step Aheadから2つほど
Table_Chairs  Table_Chairs

左のは折りたたみ式です。可愛いし値段もお手頃。椅子の色もかわいいし、デザインも気に入ったのだけど、やはり折りたたみ式の椅子が不安定そうな気がして。テーブルと椅子2つで105ドル。

右のは丸いテーブルがかわいい。これで120ドル。

The Land of Nod(Creat and Barrelの子供専門店)で気に入ったもの
Table_Cahirs

これはテーブルの足がちょっと外側に広がっていて、デザイン的に一番気に入った。でもテーブルと椅子2つで257ドルもするんだな~。ちょっと高すぎない?

Pottery Barn Kidsには私の気に入った物はなく。

IKEAで見つけたテーブルチェアセット。
Table_Chairs
これで20ドルという格安!ただ、テーブルトップが白いのと、椅子も微妙に枠の部分がもりあがっていて、座り心地がちょっと悪そうなのが欠点。

Amazonで見つけたLipperというブランドのもの
Lipper

シンプルだしテーブルや椅子の角も丸みがあっていい感じ。これで110ドルと値段も手頃でしょ。

こんな感じで値段とデザインのバランスの一番良かった、アマゾンで見つけたやつをリクエストしてみました。これが届けば、ステッカーブック遊びや粘土遊びは机の上でできそう!楽しみだなぁ!

にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
↑今日も遊びに来て頂いてありがとう!日々更新の励みになりますので、応援クリックをしていただけるととても嬉しいです。
2011.04.05 靴選び
いつか記事にしようと思っていた靴選びについて、思い出したので書いておこうと思います。

ハイハイ・つたい歩き期
まず、ハイハイやつたい歩きを始めたころに、靴を履く練習として柔らかいスリッパのような靴を履かせてみることから始めるといいと思います。私がピートのために買ったのはこちら。

Robeez Soft Soles(リンク
Robeez

買ったのが生後11か月の頃。買ったサイズは6-12Mだったかと。あともうひとつ、ハンドメイドのネットショップ"Etsy"で同じようなタイプの柔らかい手作りの靴を買って履かせていました。こちらの購入も生後11ヶ月の頃でした。これらの靴は家の中で履かせてみたり、デイケアの外遊びの時に履かせてもらったりという感じでした。でも外で歩くわけではないので、むしろ冬の防寒を兼ねて、という感じだったかな。

実際に自分で歩くようになったのは1歳を過ぎてから。それでもまだテクテクとどこでも歩けるようになるには1か月以上かかったような気がします。それまでは、ウォーカーを持って家のまわりを歩いてみたりとかしていた時期。なので、まだやわらかい底の靴で、もうちょっと靴っぽいやつも履かせていました。

これまたRobeezの靴(サイズ5)
Robeez

一人歩き期
そしてどこでもテクテクと歩いて行くようになった14ヶ月を目前にようやく買った、底のしっかりとした靴はこちら
See Kai Run(サイズは5)
SeeKaiRun

サイズ4を買ったらかなりキツかったので返品してサイズ5にしました。私の場合はお店に買いに行く時間があまりないので、とりあえずネットで購入して、サイズがあわなければ返品すればいいや、という感じです。これは購入してから毎日履いています。デイケアでも日中はずっと靴を履いているので、この靴はすごーく使い込まれています。まだつま先には余裕がありそうなので、もうしばらくは履けるでしょう。

次に購入を考えているサイズ6の靴がこちら
同じくSee Kai Run(サイズ6)
SeeKaiRun

それかStride riteのこの靴
StrideRite

一応サイズ5が12-18M、サイズ6が18-24Mとなっているので、次の靴は夏用を考えています。ここテキサスは暑くて長い夏なので、やはりサンダルスタイルがいいかなと思って。ただ、サイズ6といっても、ブランドによっても、デザインによっても微妙に大きさは違うだろうから、とりあえず購入して実際に履かせてみて、大きすぎるとかあればまたサイズ変更とかするかもしれません。つねに大きさの変わる子供の靴選びって大変。そもそも一サイズ1つの靴って少ない?2足ぐらい買うべきなの?みなさんどうされていますか?

にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
↑今日も遊びに来て頂いてありがとう!日々更新の励みになりますので、応援クリックをしていただけるととても嬉しいです。
さて、今日は久々に子育てに掛かるお金の話など。

アメリカの、大学教育に掛かるお金がすごく高いのは有名な話。なので、子供が産まれると、大学資金を貯め始めるのは常識。私たちも妊娠している時にそういう情報を集め、ちゃんと大学資金貯蓄をはじめました。

過去の記事
アメリカで子供の大学資金を貯める方法

私たちが実際にしているセービング

さて、ピートの学費積み立てを始めて1年が経とうとしています。我が家が利用しているのはテキサス州の529プランです。初回に1000ドルを入れ、その後は月200ドルずつの自動引き落としとなっています。現時点でのリターン率は12.52%(つまり利子がこれだけついたという事、)。これは銀行のCoverdell Education Savingsで貯蓄するよりずーっとリターン率がいいのがわかります。

とはいえ、ファンドの運用(0-6歳まではハイリスクハイリターンの時期。90%がファンド、10%が貯蓄という率)なので、いいときもあれば悪い時もあるでしょう。なので、短期的にみれば、リターン率がマイナスになった月もありました。さらに、先月だとリターンが15%を越えていたのが、ここのところの世界情勢の不安材料により価格が下がっています。がやはり長期でみれば伸びている、という感じかな?運用比率は成長とともに低くなり、貯蓄重視へとシフトしていきます。(最終的にはファンドの率が10%まで下がります。)

月200ドルずつでいいのか、もうちょっと増やすべきかというのもあります。単純計算で200ドルずつ17年ちょっと貯めたとして、4万ドルちょい。これじゃとても4年分の学費をカバーするには足りないですよねぇ。かといって、2人目ができたりしたら、同じ額貯めようとしても月400ドルの出費。うーん。みんなどうしているんだろう?これじゃ絶対足りない!とか、あれば是非教えてください!ファイナンシャルアドバイザーとかに家計も含めて相談してみるべき?

*追加*結局月400ドルずつに4月分の引き落としから変更しました。やはり200ドルずつだとどうやっても足りないだろうな、という事で。とりあえずこれでまた1年ぐらい様子見をすると思います。

にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
↑今日も遊びに来て頂いてありがとうございます!日々更新の励みになりますので、応援クリックをしていただけるととても嬉しいです。
久々のカーシート選びです。Convertibleカーシート、さーてどれにしようかと悩み中。実は我が家にはすでに、地元の日本人の方から譲り受けたGracoのものがあるのですが、デイケアの送り迎えの関係上、どうしても夫と私の両方の車に必要なんですよね。

よく考えてみるとインファント用ってたった1年未満ぐらいしか使わないし、生後すぐなんてなかなか車に乗る事もない。実働期間は7~8ヶ月ほどといったところ。ところがこのコンバーチブルは4歳までは使用が義務付けられているため、最低でも3年は使う事に。しかも毎日デイケアに行っているので、かなりの使用頻度となります。そう考えるといいものを買ってあげたいと思うものです。

ベビザラスでこのあいだ見かけて、デザインもなかなかいいし、クッションも良さげでいい感じ!と思っていたSafety1stのこちら↓

CarseatSafety 1st Complete Air™ 65

レビューをみているといまいち評判が良くないではないですか。やはり見た目だけ選ぶのはだめか~、ということで却下。ちなみにお値段は160~180ドルぐらいでした。



AmazonでもBabyBargainsでも、"Convertible Car Seat Review"など検索してみてもどこでも大抵トップに踊り出るコンバーチブルの勝者っぽいのはこちら↓

CarseatBritax Marathon

ただしお値段もお高い。280ドルぐらいするのですよね。ただし、今Amazonなら224ドル、送料無料です。また、Diapers.comでもチェックアウト時に"20BRITAX"と入力すると20%オフになって224ドルで送料無料です。そう考えるとプラス40ドルぐらいで安心を買えるなら、それでいいか~、という方向に流れつつあります。

ポチッと思い切ってしちゃうかな~。




にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
↑今日も遊びに来て頂いてありがとうございます!日々更新の励みになりますので、応援クリックをしていただけるととても嬉しいです。