2010.01.28 産後6週間検診
今日でちょうど産後6週間ということで、産婦人科の産後検診へ行ってきました。検診は血圧測定をした後、個室へ移動してドクターの検診。胸のチェックと会陰切開の縫合跡や子宮、膣の状態をチェック。すべて正常とのこと。これで次の定期検診は1年後となります。

・胸の痛みについて
胸の痛みはやはり乳管のつまり”plugged duct”で、温めてマッサージ、吸わせる方向を変えて授乳、というのは正しい処置。胸の痛みに加え発熱があった場合は、乳腺炎の疑いが強く、その場合抗生剤が必要との事。すぐにクリニックへ電話するようにとの事です。

・バースコントロール
2人目、欲しいけど今すぐは絶対無理!ということで、やはりバースコントロールを考える必要があります。今は授乳中だし、そもそもまだ1ヶ月しかたっていないので生理はもちろんきていませんが、バースコントロール、ちゃんと考えなければいけません。授乳中に飲めるピルは "mini-pills" と呼ばれるプロゲスチンのみのピルを使用します。授乳をやめた時点で、通常のピルへ切り替えるそうです。私は今までピルを服用したことはありません。なので、念のため処方箋をもらって来ましたが、これから使用するかどうかはまだ決めていません。

にほんブログ村 マタニティーブログ 海外出産へ
↑遊びに来て頂いてありがとうございます。ランキングに反映されますので、応援クリックをしていただけるととても嬉しいです。
今日で39週と0日。またドクターの検診に来れてしまいました。

ナースによる問診と検査
いつも通り尿検査と血圧、体重測定を行う。現在までで妊娠してから15パウンド増。

ドクターの検診
胎児の心拍確認と子宮底長の測定。その後触診。触診の結果、子宮口はまだ1センチのまま。もう3センチぐらい開いてるわ!なんて言葉を期待したんですが、そう簡単にはいかないらしい。残念~。でも赤ちゃんの位置は下がって来ているようです。赤ちゃんの大きさは分かりますか?と聞いたところ「あくまで推測だけど、7パウンダーじゃないかしら?」と言われました。ということは最低でも3.2kgはあるってことでしょう。そろそろ産んでおきたいなぁ~。

次回健診の予約
次回は1週間後の予定日、12/22に検診です。それまでに出産できますように!

費用
今回の費用の合計 不明:保険会社の明細が来次第アップします
実際に支払った費用 ゼロ

にほんブログ村 マタニティーブログ 海外出産へ
↑遊びに来て頂いてありがとうございます。ランキングに反映されますので、応援クリックをしていただけるととても嬉しいです。
37週と6日の今日はドクターの検診日でした。

ナースによる問診と検査
いつも通り尿検査と血圧、体重測定を行う。

ドクターの検診
胎児の心拍確認と子宮底長の測定。その後触診。触診の結果、子宮口はまだ1センチのまま。ただし子宮口はとても柔らかくなっているとの事。ドクターには、今週はフルに予定が空いているから、今週ならばっちりよ!なんて言われましたが、さて、いつになることやら。

次回健診の予約
次回は1週間後、12/15に検診です。

費用
今回の費用の合計 不明:保険会社の明細が来次第アップします
実際に支払った費用 ゼロ

にほんブログ村 マタニティーブログ 海外出産へ
↑遊びに来て頂いてありがとうございます。ランキングに反映されますので、応援クリックをしていただけるととても嬉しいです。
36週と6日の今日はドクターの検診日でした。

ナースによる問診と検査
いつも通り尿検査と血圧、体重測定を行う。

ドクターの検診
前回のB群溶血製連鎖球菌(Group B Strep (GBS))の検査結果は無事陰性。出産時の抗生剤の投与が必要なくなりました。ホッ。

そしていつものように胎児の心拍確認と子宮底長の測定。その後触診。触診で、子宮口が1センチ程度開いているとの事。だからといってすぐに陣痛が始まるというわけではないと言われました。ま、先週に比べてまた一歩出産へ近づいた感じかな?

誘発分娩についての質問。クリスマスに近いことだし、ドクターの休暇などの関係で誘発分娩を使用したりするのか、という質問をしてみました。ドクターは、クリスマスの予定は全く未定で、初産だし、41週に入らない限り、誘発分娩の予定はなしとの事です。

次回健診の予約
次回は1週間後、12/7に検診です。

費用
今回の費用の合計 不明:保険会社の明細が来次第アップします
実際に支払った費用 ゼロ

にほんブログ村 マタニティーブログ 海外出産へ
↑遊びに来て頂いてありがとうございます。ランキングに反映されますので、応援クリックをしていただけるととても嬉しいです。
35週と6日の今日。ドクター検診の日でした。

ナースによる問診と検査
いつも通り尿検査と血圧、体重測定を行う。

ドクターの検診
今日はまずB群溶血製連鎖球菌(Group B Strep (GBS))の検査を行いました。この菌、女性の10~30%の人がGBSバクテリアのキャリアだそうで、その場合、出産時に胎児が菌にさらされる危険を避けるため、抗生剤の投与を行います。

それに引き続き、胎児の心拍確認、子宮底長の測定。その後触診。触診で、赤ちゃんの頭がちゃんと正常位にある事を確認してもらいました。子宮口はまだしっかりと閉じているので、すぐに産まれる事はなさそうとの事。触診後は少し出血をするけれど、それはおしるしではなく、単に触診の刺激によるものなので気にしないようにとの事です。

足の付け根の痛み "upper thigh pain"についての質問。これは2日ほど前に急に足の付け根がズキーンと痛みはじめたからです。これは、妊娠後期には一般的な症状で、ホルモンの影響で円靱帯"round ligament"がゆるみ骨盤"pelvic bones"が開いて出産への準備を始めているために起こる事だそうです。

足にできた静脈瘤 "varicose vein"についての質問。こちらもそれほどひどいものではないのですが、ふくらはぎのちょっと上、足の後ろ側に、ちょっとした皮下出血のようなものができている事に最近気づきました。痛みはまったくないのですが、聞いてみたところ、TED hose(医療用の弾性ストッキング)などはそれ以上ひどくなるのを防ぐにはいいらしいです。今のところ、10日ほど前に気づいたものの、特にひどくなっていく様子もないので、毎日シャワーを浴びる時にチェックをしているのみです。こちらはbabycenterの方にも記事がアップされていたのでリンクを貼っておきます。

次回健診の予約
次回は1週間後、11/30に検診です。

費用
今回の費用の合計:83ドル
実際に支払った費用 保険会社の清算待ち中

にほんブログ村 マタニティーブログ 海外出産へ
↑遊びに来て頂いてありがとうございます。ランキングに反映されますので、応援クリックをしていただけるととても嬉しいです。